男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

感情的でヒステリックな行動は恋愛の終わりが近い


ふたりの恋愛関係に修復できないようなヒビが入ったりするのは、女性が後先考えずにヒステリックになって感情的に行動したことが引き金になるケースは多いです。



ヒステリックなマイナス感情は恋愛を破滅させる


特に、妬み、うらみ、怒り、悲しみ、不満など、マイナスの感情が、何かの機会で爆発するときの、恋愛の破壊エネルギーは最高潮に達してしまうものです。

「あれほど尽くしているのに、あなたはなぜ、私の気持ちが分かってくれないのよ」

「私がメールを送っても、あなたはいつも無視して、何を考えているの!」

「あれほど約束していたのに、急に仕事ができたなどと言って、なんで突然キャンセルするのよ」

「あなたの部屋にあって、あの女もののハンカチ、あなたの持ち物じゃないでしょ、どうしたのよ!」

恋愛関係にある女性は、とくに主観的で偏った見方をしてしまうところがあるため、彼に不信な言動があると、悪いほうに悪いほうに考えてしまい、最後は感情が押さえられなくなって爆発することがあります。

そうなると、相手が「なぜそういう態度を取るのかとか、なぜそういう言動をするのか」など考えることなく、相手を激しくののしったり、悪態をつくなどして、相手に直接感情をぶつけてしまいます。


怒りの感情は、恋を終わらせるエネルギーを持っている


多くの場合、それは恋を終わらせかねないエネルギーを持ちます。
相手を怒らせて泥仕合になったり、相手があなたに嫌気をさして去っていったりします。

それでは、あなたの怒りや悲しみの感情が湧き起こってきて、彼にひと言ぶちまけてしまいたくなったときには、どうすればいいのか?
そういうときこそ、ぐっと感情を殺して、とりあえず、何もしないことが上策です。

そのとき、自分は冷静になったつもりで、穏やかに言ったとしても、相手にとってはグサッと胸を一刺しされたような気持ちを抱くものであります。


感情的になったら距離を取って気持ちを整理する


感情的になったときには、いくら言葉を丁寧に言ったつもりでも、顔の表情や声のトーンに自然に表れるので、まずは、1週間は冷却期間をおきましょう。

たとえば、感情が収まるまでは、あなたがどうしたいかを紙などに書いて、気持ちを整理したり、仕事や趣味などに没頭したりするとよいでしょう。

あなたの心が落ち着いたら、もう一度、その紙を見て冷静に問題解決方法を考えればよい。

とにかく、感情的な態度を決して彼にぶつけないことです。

そうしないと、ふたりで築いてきた恋愛関係が、一気に瓦解してしまうでしょう。








相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.