男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

「この人は特別な彼」と思わせるには?


女たちが持ちはじめた「こだわり」というものを、一口でいってしまえば、「私はこのような生き方をしているのよ」ということを自分自身ではっきりと自覚しているということです。

たとえば、自分がほしいと思ったものには、どこまでもこだわります。恋愛でも好みの男なら、じっと待ったりせず、自分から積極的にアプローチしていきます。

それを見た別の男が「あの女は男をほしがっている」と口説きにかかっても、好みのタイプでなければ見向きもされません。



特別な彼と思わせるには、こだわりがいる


それどころか、逆に「女なら誰でもいい」という男は嫌われます。なぜかというと、こだわりがないからです。

その意味で、このところ目だった変化を見せているものにベッドインがあります。

ベッドインについては、男は「一度それを知ってしまえば、女は一生オレからは離れられない」といった見方をしがちですが、必ずしもそうはいえません。

たとえば、男とつき合っても、ベッドインもせず、もっと精神的な恋愛をしたいという女性もふえてきています。

むろん、ベッドインを断固として拒否するというのではなく、ベッドインに「こだわりたくない」ということなのです。

そのかわりに出てきたのが、ベッドインとは正反対の恋愛至上主義です。なぜそういう傾向が出てきたのでしょうか。

それはベッドインも楽しいが、ほかにも楽しいことはいくらでもあるということに気づきはじめたからです。


女性にとって男は必需品ではなくなった


モノの世界では必需品より嗜好品の時代といわれますが、モノにかぎらず男女の世界でも「必需品としての男」は、もういらなくなってきたのです。


女性は自分を高めてくれる特別な彼を求めるている


ですから、性的関係のフレンドとか、街を一緒に歩いてくれるだけの男では、女性は満足しません。自分の趣味に合った男、つき合っていて自分を高めてくれるような男を求めているのです。

そのせいでしょうか、最近では仲良く歩いている男女を見ても、その二人の間に肉体関係があるのかないのか、よくわからなくなってきました。

「あんなに親しげだから、きっと他人の関係じゃない」と思うと、そうでもなく、「あんなにさっぱりしているのだからいわゆる男女の仲ではないだろう」と思うと、恋人同士だったりと、外から見ただけではなかなか判断がつかないのです。

デートの約束をするのでも、「明日会おうか」までは昔と変わらないけれど、以前だったら極力二人きりで会おうとしたのに、いまは「じゃあ誰それも呼ぼうよ」と、いとも簡単にグループデートにしてしまいます。新婚旅行にも連れて行く人がいるそうです。

要するに、ベッドインは、それほど重要な価値を持たなくなってきたのです。








女性心理の基本を知ることがモテる男の第一歩

【女を動かし思い通りにする「言葉の心理術」】

女性が高身長にこだわる理由
女は、本当はこんなふうに誘われたいのだ!
「この人は特別な彼」と思わせるには?
彼女とのデートで困ったときの対応【T】
彼女とのデートで困ったときの対応【U】



相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.