男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

男と女の生理的な違いで
「男は不満、女は不安」を抱きやすい


「男は不満、女は不安」という男女の差をうまく表現した言葉があります。

肉体関係という生理体験にしても、男は満足したいために肉体関係を持ちたいのですが、女性は愛されているという安心感を持ちたいがために、その要求に応じるといわれます。



男と女には生理的な差異がある


この生理的な差異は、恋愛中の男女であるなら絶対に知っておくべき重大なポイントですが、意外に知らないのが実情です。


男は満足感だけを追及


男はベッドインの最中、女性に対し「どう? いいか?」と何度も聞きますが、恋愛初期においては、よしんば女性に快感があったとしても、それによる満足感よりも抱かれているという心の安心感のほうが強いはずです。

そんな点を知らないと、男は一方的に自分の満足感だけを追及し、行為が終わればさっさと体を離してしまうのです。


女性は安心感を長く保ち続けたい


それに対して女性は、安心感を長く保ち続けたいために、最終電車に間に合わないような時間になるまで、「ね、ずっと抱いてて。離しちゃイヤよ」と要求して男を困らせます。


遊びと本物の愛の差は・・


しかし、互いに自分中心の生理感覚を大切にしていくようでは、どこかで破綻が起きないと限りません。遊びと本物の差は相手の気持ちを汲み取れるかどうかだ、といってもいいでしょう。

相手がほしがっているものをわからないようでは、結局、その愛は本物ではありません。

ある男はホテルに行くたびに、女性が「まだ帰りたくない」といっては、せがむため、帰りがいつもタクシーになると嘆いている人がいます。
それだけ愛されているなら、男としては本望だと思えるようですが、そうではありません。


自分本位な恋をすると結婚はできない


「これでは結婚は無理です。自分本位なところがある女なんですよ。大体、タクシー代だって。サラリーマンの僕にとってはバカにならない額なんです」ということだそうです。

もっとも男のほうも、女性の不安感を払拭するように努めていたかどうかはわかりませんが、少なくとも自分本位にしていたのでは、差を埋めることはできません。


女性は自分の生命力が強いと悟る必要がある


また、もうひとつの重要な生理的差異は、女性のほうが生命力が強いという点です。

これを理解しないのはむしろ女性であって、女性は弱い性だと頭のなかで認識しているため、男に対する配慮が足りない場合があります。

ベッドインでも回数を要求するのは女性であって、最後には男を奴隷化してしまうものなのです。

この生命力の強さは、環境への順応性という点に現れます。極論すれば、女性は好きな男と一緒であれば、どんなところでも住めますが、男はそうはいきません。

たとえば、二人が家出して見知らぬ土地に住んだとしましょう。大都会で育った女性でも、それを運命と受け止めて環境への順応化を図りますが、男は酒で自分をダメにしてしまうかもしれないのです。

こんな男女の生理的な違いを知っていないと、せっかくの愛が破れることになる危険性が高いでしょう。








相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.