男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

好意があれば瞳孔が開きキラキラと輝いている


男も女も好意を持っている異性と話しているときには、しっかりと相手の目を見て話しているし、体も自然と近づいてしまいそうな体勢になっているものです。

アイコンタクトの回数は、二人の関係の親密度と比例するものであり、視線を合わす回数が多ければ多いほど、二人の関係は良好だと判断できます。



二人の関係は視線の回数とキラキラ度から分かる


もし、自分に好きな男性がいて、その彼が社内の他の女性と親しそうに話しているのを見たら、二人の関係を視線とキラキラ度からチェックしてみましょう。


好意があれば瞳孔が開きキラキラしている


お互いが好意を持っているようなら、ふたりの瞳孔は開き、イキイキと輝いているように見えるはずです。

もちろん、瞳孔の開き具合など、他人が簡単に見えるほど近づくことはできないでしょうが、恋愛感情を抱いて話しているときには、表情がそれとなく輝いて目がキラキラしているような印象を受けるものです。


目の輝きが判別しにくい場合は・・


話をしているときの二人の距離やしぐさを観察


ただ、表情や目の輝きだけでは判別しにくいこともありますので、むしろ話しをしている二人の距離やしぐさこそ、観察してみる価値が高いかもしれません。

もともと男と女は陽と陰の関係で、磁石のプラスマイナスの働きと同じで、好きな相手といると、自然と惹かれあって体まで合体してしまうのが陰陽の原理です。

ですから、人目を気にする必要がないシーンでは、愛し合っている二人がピッタリと寄り添いあうのはとても自然なことなのです。

近くで見ていても、恋人同士が向き合う場合には、体までふっついてしまうのかと思われるぐらい近接し、凹凸がピッタリ一致するかのように、まっすぐに向かい合っているものです。


下半身の動きを観察すれば好意が分かる


ただ、オフィスでは、たとえ恋人同士であったとしても、社会人の当然のマナーとして、露骨に寄り添って会話をしたり、仕事の話をするようなことはできません。

そんなときには、下半身の動きを観察すればよいのです。

上半身に理性は働いても、下半身にまで理性は働かず、本能的な気持ちがうっかり出てしまうからです。

たとえば上半身は節度を持って、一定の距離を保ち、体の向きをコントロールしていても、足、とくに爪先に感情が表れることが少なくありません。
つまり、好意を持っている相手に対しては、つい爪先を向けてしまうのです。

それはもはや本能的なしぐさであり、理性でコントロールするのは難しいです。

ですから、二人の関係を知りたいと思うのなら、目の輝きと、下半身の爪先の方向を見るとよいでしょう。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.