男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

「今は誰とも、付き合いたくない」の男の本音


これは断り文句としては、とてもずるいセリフです。

この「今は誰とも、付き合いたくない」という言葉は、男性より女性のほうがよく使うので、これを言う人の本音は、女性のほうがよく知っているかもしれません。

女性は、相手がよほどしつこい男性でなければ、告白されたとしてもダイレクトに断らない習性があります。

心理学者の研究では、女性は断るときに40パーセントの否定のサインと、60パーセントの肯定のサインを混ぜ、どちらともとれないような曖昧な断り方をすると言われています。この理由は、多くの都合のいい男友達をキープして、男性から少しずつ投資を受けて、その恩恵にあずかりたいと考えているのです。

ここでは、この言葉に込められた男の本音について迫ってみましょう。



いずれ付き合うかもしれないという肯定サインが半分


男性が「今は誰とも、つき合いたくない」と使う場合には、50パーセントぐらいの肯定のサインが込められています。

それは「今」というところです。

ここには、「将来、何ヶ月か経ったらつき合う気になるかもしれない」というニュアンスが含まれているからです。
男性がこのような断り方をする理由は、やはり適齢期の未婚女性が希少価値であることを無意識的に知っているからです。

自分のタイプじゃない相手だからといって、自分を慕ってきてくれる女性をみすみす手放すことは、札束をドブに捨てるようなものです。このような断り文句を言うのはもちろん、心のどこかにあわよくば体だけでも手に入れたいという無意識の気持ちがあるのは事実です。


この言葉は幼児性がありマザコン男によくある傾向


彼の異性選びの選定基準(合格ライン)が、あなたが満たしていないことだけは確実です。

今は誰ともつき合いたくないという彼ですら、タレントや女優の綾瀬はるかのような女性からアプローチがあれば、すぐにつき合うのですから。

ただ、この言葉を使うような男性には、少し注意したほうがいいでしょう。それは、この言葉には幼児性が極めて濃厚に表現されているからです。

まず、なぜ誰ともつき合いたくないという心理が起こるのかいうことです。

どんな男性であっても、彼の選定基準を上回る女性が一人もいないということはありえません。女優やタレントレベルの女性なら、必ず選定基準を超えているはずです。

しかし、人間は利口な生き物で、どんなに選定基準を超えている魅力ある女性でも、自分の手の届かないレベルに選定基準を置いている男性は、誰とも恋に落ちることはできません。

逆に言うと、彼の現在のステータスが低すぎて、理想の女性には到達不可能なのです。つまり、自分の現在のステータスを受け入れることができない幼児性の強い男性は、このように「誰ともつき合いたくない」と言ってしまうのです。

この言葉は、マザコンの象徴するような言葉ですので、注意しましょう。








男性心理はちょっとした一言で分かる
【女性に別れを告げるとき】
「今は誰とも、付き合いたくない」の男の本音
「君のこと、嫌いじゃないけど・・」の男性心理
「しばらく、距離を置きたい」の男性心理
「当分、結婚なんて考えられない」の男性心理
「別れても、ずっと友達でいたい」の男性心理
「オレたち、もう会うのはよそう」の男性心理
「やっぱり、君が一番」の男性心理



外部お役立ちサイト
生まれ日で分かる性格診断
【12星座+血液型】による性格・恋愛・結婚
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・相性
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
無料占い・自動占い特集
怖いほど当たる四柱推命の相性、結婚、恋愛
人相による結婚相手の選び方
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方



 

相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.