男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

口説きには逃げ道が必要で、口説くタイミングを外すな


口説くときには逃げ道をつくっておこう


女を口説こうと思ったら、必ず、「逃げ道」をつくっておくことをおすすめします。

「ごめん、つい酒に酔ってしまって」
「友だちにけしかけられてしまって・・・」
こんなことを書くと、その場のノリで、ついうっかり口説いてしまったときの言い訳に・・・、などと思う人がいるかもしれません。

でも、そんな卑怯な男は言語道断です。




逃げ道をつくっておけばもう一度チャンスがある


ここで言いたいのは、逃げ道をつくっておけば、「お目当ての女性をもう一度口説けるチャンスがある」ということです。

「実は、きみとつき合いたい一心で、ヘンなことをいってしまって、ごめん」

「酒を飲みたくなかったら、コーヒーでもいいんだ。それもいやなら、"お〜いお茶"でもいいんだ」

口説き直しを試してみるときは、「わびる」か「笑わせるか」のどちらかで挑んでください。なまじ理屈をいったり、きまじめになったりしないほうがいいでしょう。


女性は真剣な男を敬遠する傾向がある


一度寝たからといって「オレの女」呼ばわりされたくない。20代のうちは結婚しないで遊びまわっていたい。そんな女性が多いのです。

だから口説きの真髄は「軽く」の一言につきます。暗い顔でブツブツいっていたのでは、女性は普通、逃げていってしまいます。

女性は「暗さ」には敏感です。あまり目が真剣になっていると、気持ち悪く思われるだけです。たかが口説き、されど口説きなのです。


どんな女も確実に落ちる、最高のタイミングとは


以前、「刑事コロンボ」という人気テレビドラマがありました。

コロンボ刑事は質問を終えて帰りがけの玄関のところで、思い出したようにもう一度するのが癖でした。

「そうそう、あの件なのですが、ちょっとわからないところがありまして・・」

質問が終わり、やっと帰ってくれると、ホッとした犯人は、そこでドキッとするのです。

犯人を落とす絶妙のタイミングです。
女を落とすのも、実はこのタイミングが重要です。


突然の不意の言葉で女性はときめいてしまう


デートをして送って帰る、女性は満足したような、むなしいような気分で家に入ろうとする、その直前、「結婚してくれますか」とポツンといったらどうなるか。女性の胸を瞬時にときめかせるでしょう。

「突然、不意」は女の達人が使う手段です。
デートが終わり、おやすみをいう寸前に、手を握る、キスをするなら、まず100パーセントOKです。

もっと高等なところでは、部屋に彼女が入って明かりがついたときに、携帯電話で「もう寂しくなっちゃった」とでもいってごらんなさい。部屋に入れてくれる確率は50パーセント以上あるはずです。

女性は期待の重みに耐え切れない人が多いのです。待ちつづけると不安が先に立ってしまいます。下手な男は、それがわからず機を逸してしまい、女の達人は不意に彼女のスキを襲い成功するのです。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.