男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

離婚に向かう夫婦、修復する夫婦、どこが違う?


アメリカで、800組の夫婦を対象に行われたモニター調査で、非常に面白いデータが出たようです。それぞれカメラのある部屋で24時間過ごしてもらい、データを集めたところ、離婚する可能性の高い夫婦を見分ける方法が見つかったというのです。



離婚する可能性の高い夫婦を見分ける方法


ポイントになっているのが、「批判→防戦→見下し」であるとのことです。

具体的な例を上げてみましょう。

たとえば、妻が「どうして今朝ゴミ出してくれなかったのよ?」と、夫を「批判」する。

これは会話が破滅に向かう最短ルートなのです。夫には妻の口調がケンカ腰に聞こえてしまうので、「批判」から始まった会話は、否定的な道筋をたどることになってしまいます。

妻の「批判」に対して「今朝はバタバタしていたんだよ」と、「防戦」する夫。自分がバタバタしていたという、言い分や立場を発言している。ところが、「防戦」は逆効果になることが多く、「防戦」に対して妻が理解を示すことは滅多にありません。こうして、「防戦」する夫と引き下がらない妻の口論が始まってしまうのです。

「アナタってホンットだらしないわね」ゴミ出しを忘れた夫に対する軽蔑のまなざし。とうとう相手を「見下し」始めるのです。「見下し」は会話をぶち壊す決定打です。この頃にはもはやゴミ出しのことなどどうでもよくなり、いつの間にか口論に勝つための口論へと発展している。この経路をたどるケンカが多い夫婦は、離婚の危機レベルがかなり高いといえるでしょう。


離婚の最悪のパターンを避ける方法


それでは、この最悪のパターンを避けるにはどうしたらいいのでしょう。

妻は夫を批判しないことが大事なのです。

「ゴミを出してくれなかったでしょ?私はそのことで怒っているのよ」
前者の言い方と、何が違うのだろうか?

それは「批判」か「文句」かということです。

後者のほうは、ゴミ出しを忘れた夫に対する、自分の感情を伝えています。ところが前者のほうは、ゴミ出しを忘れたということを、夫の性格に結び付けてしまっています。

これは相手の存在自体を否定しているということにもなります。
ゴミ出しをしなかったのは確かにミスだが、文句として伝えるのと相手を批判するのとでは雲泥の差があるのです。


夫婦円満には女性は会話を批判から切り出さない


最初の言い方を間違えたために、会話の方向が間違った道筋をたどってしまうケースは非常に多いです。女性は会話を「批判」から切り出してしまわないように、意識的に心かけるのがいいでしょう。

もし、うっかり相手を批判してしまったりしたときには、「言い過ぎたわ」と素直にいえなくても、冗談を言ったり、ヘンな表情をして笑いを誘うなど、ほんの小さなことでよいのです。こういった会話の修復に効き目があるうちは、離婚の危機も回避することが可能でしょう。

会話は夫婦だけでなく、恋愛中のカップルにもなくてはならない大切なコミュニケーションです。その方法をちょっと間違えて、それが積み重なっていくと、男女の亀裂は深まって、気がつくと取り返しがつかないことになってしまいます。

会話の道筋を間違えないよう、相手になにか意見がある時は「批判」ではなく、まず「文句」から始めてみよう。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.