男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

仲が悪い夫婦の脳には特徴がある


結婚生活のストレスが夫婦にどのような影響を与えるかを調べた研究があるそうです。

ストレスが溜まった状態の夫婦は、特に妻のストレスホルモンの上昇率が大きいといいます。

さらに、夫婦ゲンカで夫が黙り込んでしまう際も、妻のストレスホルモンは上昇。

これに対して、夫は特に変化は起こらないそうです。

逆にポジティブな会話が成り立っている場合、妻のストレスホルモンは低下するということも判明しています。



ストレスホルモンは結婚生活が長続きするかどうかの目安


そして、ストレスホルモンは、結婚生活が長続きするかどうかの目安になるそうです。

数組の新婚夫婦のストレスホルモンを測定し、その10年後に追跡調査をしたところ、離婚していたカップルは、結婚生活が続いていた夫婦に比べると、ストレスホルモンが34パーセントも上回っていたのです。

さらにその10年後、離婚はしていないものの不仲な夫婦を検査したところ、仲の良い夫婦に比較して、ストレスホルモンの値はまた34パーセントも高かったようです。

そして、一旦上昇したストレスホルモンの値はなかなか低下しないといいます。
結婚生活のストレスは、大きなダメージを伴うということでしょう。


ストレスが溜まってネガティブな関係の夫婦は・・・


夫婦ともにアドレナリン、ノルアドレナリンなどのストレスホルモンの分泌が増加
   ↓
仲が良くない夫婦は、心拍数や血圧を上げるアドレナリン、闘争もしくは逃避反応を生じさせるノルアドレナリンなどの分泌量が多い。特に妻のほうの上昇率が大きくなる。


ケンカがエスカレートして夫が妻を無視すると・・・


夫に変化は見られないが、妻はノルアドレナリン、コルチゾールなどのストレスホルモンの分泌量が増加
   ↓
女性は無視されると、ストレスが一気にアップ。ノルアドレナリンのほか、免疫機能の低下や不妊の原因となるコルチゾールなどのストレスホルモンの分泌量が増加する。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.