男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

一線を越えるとき、なぜ彼女は断らなかったのか?


男には、女をモノにしようとするときの常識というものがあります。

それはたとえば、「女を口説くのは押しの一手にかぎる」とか「一度体の関係をもってしまえばこっちのもの」、あるいは「ベッドでのテクニックさえ極めれば女は離れられない」などというのが、めんめんと男の世界に引き継がれてきています。

そして、それを裏書するような現実もないわけではありません。



男が女性をモノにするときに断られない方法


★ たとえば、テレビドラマでのこんなシーンです。

二枚目半の男優が女を前にして「頼む、やらせてくれ」と頭を下げる。女はあきれ顔で「まったく、そういうことって、そんな言葉でいうものじゃないでしょ」といいながら、内心ではグッときている、というものです。

このドラマを見たある若い女性は、こんな感想をもらしたようです。
「あれ見てて、もし私だったらどうするかって考えたんだけど、言い方がいやらしくないんだよね。それに素直で気持ちがいい。私もグッときちゃうな」

これは二枚目半の俳優だからサマになるのでしょう。絵に描いたような二枚目の俳優がやったら、どこか滑稽になるでしょう。

似たようなケースにこんなのもあります。

★ 女を連れてドライブに出かけた男が、横浜あたりの直線道路を走りながら、横に座っている女に「キスしたい。いまここで車を止めてしたい」といいました。

もちろん二人はまだそういう仲ではなかったから、女は「ダメよ」と答えました。「どうしてもしたい」と男。「ダメ」と女。すると男が突然こういいました。

「よし。もしキミがいますぐOKしてくれないのなら、ハンドルを離してキミに抱きつくから。死にたくなかったら、ハンドルをしっかり持ってろよ」。
女は「キャーッ」と悲鳴を上げながら、「させる、させる」。

これは押しの一手のようですが、現実にハンドルの手を離して、女に抱きつくはずがありません。女はそれを承知なのですが、「しょうがない人ね」という言い訳をつくってもらえたので、応じることができたのです。

まともに迫ったのでは、女が断るしかない場合に、このような状況設定をすることで、女に言い訳をつくってあげたのです。いわば男の気配りであり、女もそれを知ったからこそ応じたといえます。

つまり押しの一手に見えるけれど、女はそうは思っていないのです。

★ 「頼む、やらせてくれ」に関しては、実際二人の間に体の関係がなくても、すでに精神的には、そういう態度をとれるだけの間柄になっていたのです。

二人でそれだけのものを築いてきたプロセスがあるからこそ、そのような態度に出られるのです。

それを誤解して「女は押しの一手である」とばかりに迫ると、たんなる「しつこい男」になってしまうのです。

「一度関係を持ってしまえば・・」というのも、性的関係が閉鎖的だった時代ならイザ知らず、いまではそんなこと女性は歯牙にもかけません。むしろ「寝てやった」という感覚です。性的テクニックでも、男のほうが先に音をあげるほど、女は強く、うまくなっています。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.