男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

会話上手な男は、質問の仕方がうまい


きっかけをつかむ方法は、話題だけではなく、「好き嫌いをつかめ」です。
要するに、どういうものが好きでどういうものが嫌いなのか、それを早くつかんでしまうことです。



質問上手で相手の「好き嫌い」を早くつかむ


0から9までの数字の好き嫌いを聞くのも、よい方法です。それによって電話番号や誕生日を聞き出したり、好きな数字の日にデートを約束したりできます。

コーヒーを飲むときでも「これちょっと薄くない?」と聞いて「いいえ、私薄いほうが好きかなの」といえば、それで一つ好みの傾向がつかめます。

白壁で大きな窓のあるレストランへ入って、「明るい感じたね」といって喜ばないようだったら、薄暗いバーへ連れて行けばいいでしょう。

好き嫌いをつかむためには、もちろん質問しなければなりませんが、「このコーヒー濃くない?」とか「この料理ちょっと辛くない?」という聞き方は、さりげないし思いやりがあって、相手に違和感を与えません。しかも、そこから次の話題へと発展していけるものです。


質問するにしてもプライバシーは聞いてはいけない


これを「歳はいくつ?」とか「どこの生まれ?」「どこの学校?」などと聞くから、興信所スタイルになって、相手をシラけさせる結果になるのです。

プライバシーに関することは、最初から聞いてはいけないというのが鉄則です。


趣味の話から話題を広げて誘うネタを探す


逆に、好き嫌いで早くつかんだほうがいいのは趣味です。もちろん、「ご趣味は?」では芸がなさすぎます。いろんな話題の中から答えを誘導していくのです。

趣味にもいろいろありますが、裁縫など家で一人でできるものは、聞いてもとりあえず置いておきます。そして、一緒にできるような趣味を聞き出すことです。

かりにボウリングについて聞き、「下手だけど何回かやったことがある」というなら、「それなら、今度一緒に行きましょう」と誘ってみるのです。これで次のデートの糸口がつかめるわけです。

遊び感覚でできるスポーツが、一番きっかけになりやすいジャンルです。とはいえ、いまの女性の趣味はけっこう多様化していて、すべての女性が流行のものに関心があるとはかぎりません。

「はやりものは私、やらないことにしてるんです」などと言い出すかもしれません。


相手の女性が専門的な趣味なら聞き役に回る


クラシック音楽でも、ショパンやモーツァルトはダメで、バッハ一筋などといわれると、あなたも困るでしょう。あるいは美術館めぐりを本格的にやっているといった場合です。

あまり専門的なことは、知ったかぶりせずに聞き役に徹したほうが、かえって話も弾むしボロも出ないですみます。


普段から女性誌を読んで知識を得ておく


しかし、ふだんから流行を追っている女性なら、知識が浅くても、男とそういう話をしたがる傾向が強いので、彼女がいつも話しているような情報雑誌系の基礎知識は、ある程度仕入れておく必要があります。

女の関心の傾向や具体的事実をつかむのに最適なのは、やはり女性誌です。そんなにたくさんの種類に目を通すことはありませんが、週刊誌、月刊誌のそれぞれ一から二誌には目を通しておけば、話題に困ることはないでしょう。

それもムリだという人は、せめて電車の中づり広告や新聞の広告だけでも、じっくり目を通しておくくらいの努力は必要です。

ゴルフが好きな人同士が集まると、30分でも一時間でも、あきずにゴルフの話をしているものです。あれと同じで、趣味とか好き嫌いが一致すれば、話がはずみ親近感がグッとわいてきます。







女性心理の基本を知ることがモテる男の第一歩

【このタイミングのひと言こそ大切】

初対面でも必ず打ち解ける「食べもの」の話題
会話上手な男は、質問の仕方がうまい
女には、徹底的に「便利な男」になろう
女性と食事するときは、いつも「おいしい」がキーワード



相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.