男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

男性より女性のほうも、表情を読み取る能力が強い


男性と女性は脳の違いによって、男性のほうが女性よりもずっと表情を読み取る能力が低いということです。

女性なら誰しも経験があるでしょうが、あなたが不服そうな顔をしても、なかなか気づかなかったりすることがあるでしょう。男は口ではっきり言わなければ、なかなか表情だけでは分かってもらえないのです。

たとえば、あなたが長い髪の毛をばっさり切ったとしても、彼が気づくかどうか疑問です。

このように女性は男性よりも表情を読む力が何倍も長けていますので、それを利用すれば、うまく男性を操縦することもできるはずです。

ここでは、なぜ男性より女性のほうが人の表情を読み取る能力が強いのかどうかを検証してみましょう。



男性の感情を読み取る能力は、女性より相当低い


ある実験では、9割の女性が、相手の性別に関係なく写真の中の幸せな表情や悲しみの表情から、その心情を読み取ることができたそうですが、男性は、写真で見せられた女性の悲しみの表情に関して、その心情を読み取れる割合は7割にとどまったという報告もあるようです。

また、付き合っている相手が双子の片方と入れ替わったら気付くかどうかという実験でも、女性は相手が入れ替わったことにすぐ気付くけれど、男性は気付かないという結果になったようです。


女性に読み取る能力があるのは、男選びに失敗しないため


女性のほうが男性よりも、人の表情を読み取る能力、あるいは悲しみを理解する能力が強いといわれていますが、これは陰と陽の違いからきています。

陰(女性)は陽(男性)に従うのが原則であり、女性は男選びをひとつ間違いますと、ダメ男のために一生を台無しにしてしまう可能性があります。

なぜなら、陰と陽の原始の姿は、男は妻子を養うために働くことを使命にしていますので、甲斐性のない男を選んでしまいますと、路頭に迷うこともあるからです。

こういうことが陰と陽のDNAに生まれながらにインプットされ、女性は自分の生活を守る本能に長けているため、どうしても男の一挙手一投足やちょっとした表情を読み取って、自分の利害得失を推し量ろうとする習性があるのです。

ですから、男性よりも、女性の表情認知能力は高いのです。


男性は女性選びに失敗しても人生は変わらない


その点、男は、女性選びに失敗したからといって、自分の人生が大きく狂ってしまうことはありません。
なぜなら、外で働いて妻子を養うのは男の役目であるからです。







男心と本音の見分け方
【男の本能を知って恋愛成就】
男の浮気の本能はDNAに埋め込まれている
酔って口説こうとする男は本能が優先
男と女の愛情と本音はお互いの心と体を引き寄せる
「性」に関してだけは常に男の本能が優先
男性より女性のほうも、表情を読み取る能力が強い
男は束縛されると逃げたくなる心理が潜む
女性が本能的で感情的になると男心は冷める
女の涙は恋愛感情のあるなしで好感度が上下する
男性心理を知るには出会いをたくさん経験すること
結婚まで進む女性、恋愛で終わりの女性を決める男心
愛がなくても女性を抱ける男の本音と心理
デートを何回重ねても恋人になろうとしない男の心理
男は苦労話に共感してくれる女性に本音を見せる
男心には本気で好きになることを恐れる気持ちが潜む
会話の途中の沈黙は、恋を進展させる魔法の時間



外部お役立ちサイト
生まれ日で分かる性格診断
【12星座+血液型】による性格・恋愛・結婚
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・相性
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
無料占い・自動占い特集
怖いほど当たる四柱推命の相性、結婚、恋愛
人相による結婚相手の選び方
結婚できる女性・できない女性の特徴とモテ講座
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方



 

相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.