男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

これだけ違う男の「性」、女の「性」


男は恋のはじまりから女性の肉体を狙っているのに対し、女性は抱かれるところまでしか考えないと言われています。

実際、テレビや雑誌のアンケート調査を見ても、男に対しては「寝たい女性タレント」をズバリ聞きますが、女性に対しては「抱かれたい男性タレント」、ソフトに聞いていることでもわかります。



男の「性」と女の「性」は大きく違う


もちろん、この差は微妙で、男に言わせれば「結果としては同じじゃないか」というかもしれませんが、女性からすれば大きな違いなのです。


男の目的は女性の肉体をいただく征服欲望


男は目的からして女性の肉体をいただくという征服欲望に駆られるわけですが、女性は征服される側として性を何段階にも分けて防御陣地を築くのです。

この防御姿勢は年齢と性格によって大きく変化しますが、少なくても攻撃的に男を従わせようという女性は絶対と言っていいほどいません。


女性の「性」は私を大切にしてくれるという直観力


これは、視覚的に自分の性欲を高めてくれる女性であれば誰でもいいと思う男と、この男ならベッドインしたあと、すぐ逃げていかないで私を大切にしてくれる、という直観力を働かせる女性との差であって、そこで女性はまず抱擁という、ベッドインの第一段階からスタートしたいと思うのです。

かつて女性は直観力に優れているといわていましたが、実は現在では、女性の直観力は下がる一方のようです。

なぜなら、昔の恋愛には一緒になれない場合に「情死」という危険が待ち受けていたため、それだけ鋭く直感を働かせようとしたからです。


最近の女性は性的な面でガードが甘くなっている


女の直観力が鈍ってきている


しかし、現代では、不倫や情事に溺れても死までは考えないし、また昔のように悪い男に体を任せてしまったら、売られて客をとらされたりといった最悪のケースなどありません。それだけ男に対する直感が鈍っても問題は起こらないだけに、性的な面でもガードが甘くなってきたのです。


若い女性ほど男を見る目がない


とくに若い女性ほど、性行為を自然のものとして恋愛初期から受け入れるようになってきたため、どの男がよくて、どの男が悪いかを見抜く目がなくなってしまいました。

そこで男と同じように、外見やルックスで判断する十代の女性が激増してきたのです。

しかし、それはきわめて危険で、若いうちから直観力を磨いておかないと、二十代後半になってからでは身につくものではありません。


男には直観力がなくても問題がない


男の直観力が鈍いと言われる理由は論理的な思考回路ができていてからで、一言で言えば理屈っぽいのです。

たとえば身近な例でいうと、ラーメンがうまいときでも、「このラーメンうまいね」というだけでなく、必ず「麺のゆで加減がいいな」と一言付け加えます。麺のゆで加減がいいからうまいのです。これは女性を見る場合でも、髪が長い→裸になったとき髪が肌にまとわりつく→セクシーだ、という思考回路をたどるのです。

だからこそ、男のほうが女性を見る目はたしかで、直感を失った女性は論理性に頼るわけではないだけに、男を見抜く目そのものが失われる危険性が大いにあるのです。
外見やルックスだけでなく、やはり男の中身をしっかりみなければ損です。








男と女の恋愛観と恋愛行動の違いを知ろう

【意外と知らない男と女の「性」と本性】

恋愛心理のすれ違いから何気ない一言で破局が
男は女性の愛情優先より現実を優先させる
遊びと本気を分ける男、分けられない女性の恋愛心理
これだけ違う男の「性」、女の「性」
男は直線的な愛を好み、女性の曲線的な愛を好む
女性はペットになりたがる恋愛心理が潜む
「座る、寝る」という恋愛行動は微妙に男女の仲を刺激
恋をいつも失う女性は好かれていないのに深追い
簡単に落とせる女性は簡単に捨てるのが男性心理
女性にはバカバカしく見える男の美学とこだわり
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.