男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

結婚4年目は離婚のピークなので要注意


アメリカの人類学者ヘレン・フィッシャー博士は、国連の人口統計をもとに、世界58の国と地域で、離婚に対するデータを分析したようです。

そこで分かったのが、結婚後、比較的早い時期に離婚が多いということと、離婚のピークは4年目で、そのあとの離婚数はだんだんと減っていくというものでした。



なぜ、離婚は結婚後、4年目が多いのか


文化や社会制度の違いがあるにもかかわらず、なぜ4年なのでしょうか?
フィッシャー博士は「子育て」とそれに必要な「愛着」の期間なのではないかと推測しているようです。

結婚してすぐに子供ができた場合、4年後には授乳も終わっているし、子どもはひとりで歩き、言葉もかなり理解できるようになっています。つまり、母親が付きっきりで世話を見なければならない期間は終了します。

逆にそれ以前は、育児に大忙しで余裕がほとんどない状態。だから、夫と協力して子育てをする必要があります。そのため、男女の間で恋愛とは異なる「愛着」という感情がわくようなシステムが、あらかじめ体と脳に備わった可能性があるということです。


子育ては4年で終わるため相手を変えても問題ない


ただし、子育ては4年経てば落ち着きます。すると愛着もなくなり、もはや同じ相手の一緒にいる必然性はありません。

男女の関係を維持できるのは子育て期間である4年が限度で、それ以降になると生物学上、脳にはカップルを維持する仕掛けがなくなってしまうのです。そのため、離婚は結婚4年目が多くなるというのが、フィッシャー博士が出した結論です。

また、4年経ったら配偶者を変えたほうが、多くの子孫を残すのに有利だったという説もあります。


パートナーを変えれば強い遺伝子が残る


複数の家族が集団生活していた原始時代は、乳離れした子どもの世話は周囲に任せ、パートナーを変えて新しい関係を結ぶことができたと考えられます。

両親が違えば、子どもの体質も変わってきます。ということは、仮に伝染病などが流行したとしても、全滅は防げるということです。

環境が変わりやすい厳しい自然界では、似たような体質の子どもばかりが生まれてくるのは危険だったのかもしれません。伝染病に対抗して子孫を残すには、可能な限り多様な子どもを作るべきだということです。

こうした戦略を、私たち人間の祖先は、進化の過程で身につけてきました。
結婚も離婚も、すべては多くの子孫を残すためなのです。







男性心理と女性心理の違いは男脳・女脳の違い

【男心と女心からみた恋愛と性に関する秘密】

恋の賞味期限は最長でも1年半と心得よう
結婚4年目は離婚のピークなので要注意
恋人選びは、男は「視覚」、女は「嗅覚」で
男はいくつの年齢になってもグラマーな女性が大好き
女は一目惚れしにくく、男をじっくり品定めする
男は女より一目惚れしやすい
年齢差のあるオジサマ好きの女性が多いのは、なぜ?
男は生まれながらにして浮気性のDNAが埋め込まれている
女は浮気を一度は許すことがあっても男は許せない
浮気で妊娠しやすいと言われているが、理由はあるの?
女は妊娠しやすい時期、男選びに特徴はあるのでしょうか
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.