男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

女は一目惚れしにくく、男をじっくり品定めする


「A君はイケメンなんだけど、ちょっと背が低いかしら」
「B君は学歴もあって高収入だけとファッションセンスがない」
など、男性を選り好みしすぎて、なかなか彼ができないという女性、あなたの周囲にもいるはずです。



女は一目惚れしにくいようにできている


「贅沢を言うな!」と、怒り心頭な男性陣の気持ちはよくわかりますが、女性とはそういうものです。

男性は多くの女性と交配することで、たくさんの子どもを作り、自分の遺伝子を残すことができます。精子は人間の体の中で最小の細胞と言われていて、作るのにはそれほどエネルギーがかかりません。

それに対して卵子は、人間の体の中で最大の細胞です。卵子1個分の重さは、精子の17万5000個分に相当するようです。


卵子を作るには精子に比べて大きなエネルギーが必要


当然、卵子を作るには、精子に比べて大きなエネルギーが必要となります。一度にたくさん作ることは不可能だし、多くの男性と性的関係を持ったところで、作れる子どもの数は限られています。

そこで女性は、数少ない貴重な卵子ができるだけ生き延びられるように作戦を練ります。


より良い遺伝子を伝えるため優秀な男性を選ぶ


自分の子どもにより良い遺伝子を伝えられるように、優秀な男性を慎重に選ぶのです。

やろうと思えば何百人という子孫を残せる男性に対して、女性の場合は妊娠期間中に子育て期間中も合わせると、生涯で産める子どもの数には限界があります。

それでも帝政ロシア時代の農民の奥さんで、69人の子どもを産んだという女性も存在します。40年間の27回も妊娠し、双子を16回、三つ子を7回、四つ子を4回出産したというから驚きです。

男性の記録は17〜18世紀のモロッコ王ムーレイ・イスマイルの1042人(もっと多い可能性もある)。ロシア農民の奥さんも、さすがにかないません。

そう考えると、女性が男性を選り好みするのもやむを得ないといえるでしょう。







男性心理と女性心理の違いは男脳・女脳の違い

【男心と女心からみた恋愛と性に関する秘密】

恋の賞味期限は最長でも1年半と心得よう
結婚4年目は離婚のピークなので要注意
恋人選びは、男は「視覚」、女は「嗅覚」で
男はいくつの年齢になってもグラマーな女性が大好き
女は一目惚れしにくく、男をじっくり品定めする
男は女より一目惚れしやすい
年齢差のあるオジサマ好きの女性が多いのは、なぜ?
男は生まれながらにして浮気性のDNAが埋め込まれている
女は浮気を一度は許すことがあっても男は許せない
浮気で妊娠しやすいと言われているが、理由はあるの?
女は妊娠しやすい時期、男選びに特徴はあるのでしょうか
相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.