男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

女性にバカにされたくない男たち


いまの女性は、男性上司からいわれたからといって、それを鵜呑みにするほど、お人好しではありません。それは仲間うちに優秀な女性社員が何人もいるため、その意見の情報が、すぐ伝わってくるからです。

「あの命令はおかしいよ」
「あまり出世株じゃないね」
と、たちまち評価されてしまいます。

これは職場内のことですが、恋愛の場でも、男たちは彼女にバカにされたくないため、
「ね、そう思わない?」
「きみもそう思うだろ。そう思わない?」
と、一言いっては同意を求めます。幼稚だと思われないためです。



言語能力は男性より女性が上


実際、言語能力は女性のほうが上で、会話で女性を感心させるのは、容易ではありません。語彙(言葉の数)は男性のほうが豊富にしても、それがとっさに出てきません。

男性の言語能力はおしゃべりではなく、書くほうにすぐれているからです。さらに会話というものは、言葉だけでできているものではなく、いわゆる周辺言語というものも、必要になるのです。

顔のふり方、目の配り方、手の活用の仕方、間の取り方などですが、それらも会話やセミナーを盛り上げる、重要な要素です。


男の会話能力がダメでもバカにしてはいけない


もともと男女の性差を営業成績で調べると、トップとビリに男がいて、中間層は女性で固められています。

これを会話で考えても、たしかにダントツでうまいのは男です。演説の神様も男の政治家ですし、講演・セミナーでもコンサルタントが絶妙で、聴衆を魅了します。

さらに落語家、お笑いにも、男たちが目白押しです。しかしこれらは、勉強のできるトップ層のようなもので、一般の男性は女性にやり込められて、口答えもできない人たちです。

このことを女性は、しっかり見抜かなければなりません。会話も満足にできない男とバカにしていると、思いがけず出世街道を走ることになるからです。


バカにされたくないと思う男を選んではいけない


「バカにされたくない」と思う男は、話もできないうえに、頭も悪いのです。ここを間違えたら大損です。

わざと態度をでかくしたり、声を大きくする、命令調にする、女性をバカにしたような口をきく、こういう男たちは、恋人に選んでいけません。

しかし、ボソボソでも理屈に合っている、話は下手だけれど、相手の言い分をよく聞く、ポイントになるところは繰り返す、さらには、数字を挙げて説明するといった男性であれば、たとえ、女性たちから不評であっても、恋人にする価値はあります。

女性にバカにされたくない男は、結婚したら暴力をふるうタイプであり、酒を飲むと、態度が変わりやすいものです。ここにしっかり目をつければ、将来の不幸は防げるものです。








しぐさ・表情・態度で分かる本音と性格
【女性の仕草や会話からの反応で男心が読める】
弱々しい女に見せると男は自信がもてる
男に助けを求める仕草をみせれば、男は大満足
女性は可愛らしく見せたほうが、男に愛される
遊びでは明るく派手に見せる仕草のほうが男にモテる
女性の一言一句より、驚きの表情一つで男心がつかめる
髪の毛をいじり、唇を舐める仕草で男は口説きにかかる
「一人じゃつまらないわ」の一言は男心を激熱でつかむ
彼に手を握らせるには「見て、私の手相ってすごいの」
「あなたって、すごいわ」の一言で男は抱きしめたくなる
「ここは私が払うから、別のとこ払って」は男を妄想させる
女性にバカにされたくない男たち
女性が結婚したいそぶりを見せたときに本音が出る
男は女の全部を見たら、あとは去ることを考える
男の本音はいつも「ほっといてくれ」
男は自分に合わせてくれる女性を探している



相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.