男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

男の本質や心理を深く知るには質問型の会話にしよう


仲の良い夫婦であれば、目で合図しただけで考えていることが通じ合えるといいますが、それでも心の中では見通せないものです。こういう夫婦だって、お互いに浮気し合っていて、お互いに知らないことがいっぱいあるものです。

それはともかく、私たちは相手の気持ちを知る前に、自分の心を相手に知ってほしいと考えます。愛していれば自分のことをわかってくれるものだ、という互いのエゴが出てしまうのです。
そこで、「どうしてそんなこというの?」とか、「あなたの考えが、私にはわからなくなってしまった」という具合に、相手の心を自分に近づけようとするのです。

あるいはまた、非難合戦となって、
「あなたはいつも違うところを見ている」「お前こそ、俺の考えを知ろうとしない」と自分の正当性を主張しあうのです。



恋愛では趣味の一致を性格の一致と錯覚してしまう


はじめから性格が不一致であれば、相性的にもつき合うことはないのですが、ほとんどの男女は、性格が一致していると錯覚してつき合ってしまうのです。

実際にはそれは性格ではなく、趣味が一致したにすぎないのですが、最初のころはそれに気付きません。

たとえば、互いに山歩きが好きだとすると、性格的にも合っていると思ってしまうでしょう。ここで恋愛の初期段階である好意が芽生えます。この好意が続いていくうちに、なんとなく愛称がいいように思ってしまいますが、よく考えると、それは趣味の一致に過ぎないのです。

ところが、同じ趣味でも社交ダンスのように体が接近する関係は、得てして錯覚しやすいのです。いわゆる心理的距離の限界を突破するからです。こうなると、互いに相手を非常によく知ったつもりになって、いよいよ親密になっていきます。


女性は直感や第六感を信じすぎ、逆に相手を見抜けない


しかし、相手を知るとは心の奥底に潜む欲望まで見抜くことなので、話し合わないことにはわかりません。

ところが女性はノンバーバル(非言語)コミュニケーションという、直感と第六感を主にした理解が得意なために、往々にして誤った理解をしてしまうのです。

失恋とか離婚に際して、「あの人のことがわかっていなかった・・・」と後悔するのは圧倒的に女性が多いということでもそれは証明できます。それだけノンバーバルによる理解が危険を伴うのです。


相手を知るためには、男に話させる質問型がいい


ところが実際には、女性のほうがはるかにおしゃべりで、言語による理解が深そうでが、女性はつねに自分のことを話しているので、黙って聞いている男性側がくわしく理解するのがふつうです。

それだけに、相手をもっと深く知りたいとしたら、男に話させるような質問型に会話をきりかえることです。ただ話好きの女性では、性格が一致しているかどうかわからずに深い関係にまで進んでしまい、結局、後悔することになってしまうでしょう。







相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.