男性心理と女性心理
男性心理・女性心理

草食系になりすました肉食系には、
脈あり以前に要注意


男は、女性とベッドインできるかもしれないと思うと、どんな優しい言葉でも平気で使えるものです。

昔なら、簡単に体を許してしまうような女性が、今よりも格段に少なかったため、男が少しぐらい優しい言葉で近づいてきても、落とせる可能性が少なかったのです。ですから、男も、優しさを女性に振りまく必要がなかったのです。



優しそうな草食系で女性に近づく男が増えた


それが、現在は、気が合ったというだけで、すぐにホテルに直行するような女性が増えてきたため、男も優しさで女性を落とせると自信をつけてきたのです。

そういう男は、お金をくれる人には、丁寧になったり優しくなったりするように、すぐに肉体関係を結んでくれるような女性にも優しくなるのです。


女性から見ると草食系男子のように穏やかに見える


こういう男は、一見穏やかそうで、優しそうに見えます。

ガツガツしたところも見られないし、いわゆる「草食系男子」みたいだから、つき合っても大丈夫、安心だわと思ってしまうのでしょう。


肉体関係だけ持つと連絡が途絶える


そう思い込んで、騙されたり、体の関係を持った途端に連絡がとれなくなったりするという、「恋愛事故」に巻き込まれる女性が後を絶たないようです。


草食系になりすました男には要注意


まず、目の前の男性がギラギラと男っぽくない外見や雰囲気だからといって、気を許さないことです。

なぜなら、彼らは遊びの恋もするからです。

見た目が「おとなしく優しそうに見える」だけで、実は中身は、隙あれば、いつでも女性をモノにしようという肉食系の男性です。

流行のファッションを、「悪さ」「ずるさ」を隠す「隠れ蓑」にしている男性も多いのです。このことをぜひ覚えておきましょう。

今、「草食」に見えるいでたちは、一種の「流行」です。
見た目に騙されるのはぜひとも避けましょう。
とくに、年下の男性に恋をしてしまった女性は要注意です。

「おとなしそうだから、泊まりに行っても手を出さなさそうだし安心よね」とか「彼が私をもて遊んだり、二股をかけたりすることはあり得ないわよね」とタカをくくってはダメです。

おとなしく優しそうな「草食系男子」も「抱くためにウソをつく可能性がある」ということをしっかり肝に銘じておきましょう。








男の脈あり・脈なしサインの見分け方
男は次に会いたい女性を最初の30分間で見分ける
正式なつき合い宣言なしで、「旅行に行かない?」は脈なし
1、2回の交際でベッドに誘うのは、ほとんど脈なしサイン
ベッドインを断ったら「怒った」は、下心丸見えの脈なしサイン
午前中からのデートの誘いの合意は脈ありサイン
約束で「その日はダメだけど、○○日なら大丈夫」は脈ありサイン
段取りを踏む男は脈あり、いきなり腰に手を回すのは脈なし
尽くす男は脈あり、尽くされたい男は脈なし
計画性のあるデートは脈あり、思いつきのデートは脈なし
彼からの平日早朝メールや出勤途中メールは脈ありサイン
脈ありだからといって、すべておごりになるとは限らない
彼の昔の彼女があなたに少しでも似ていたら脈ありサイン
彼の女友達が自分と同じようなレベルのタイプであれば脈あり
街をカップルで歩きたがるのは脈あり、人に合わせたがらないのは脈なし
誠実さのアピールは脈あり、遊び人のアピールは脈なし
真相を隠す「ワケあり」な男こそ、「脈あり」に思えてしまう
男だって女性の脈あり・脈なしを確かめている
突然のキスにも、「脈あり」と「脈ナシ」がある
男の本音や脈のありなしが分かるのは会って4回目
一瞬で見分ける「脈なし(遊び)の恋」か「脈あり(本気)の恋」
たとえ脈ありでも、「いい男」か「悪い男」かの見極めも大切
草食系になりすました肉食系には、脈あり以前に要注意



相手の心理をズバッと見抜くブラック心理学
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
男の言葉、行動、考え方について質問・教えて?
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
おひとりさまの心構えと老後の対策
恋愛学は陰陽の本質を知ればもっと楽しくなる
いい女がいい男を選ぶ時代がきた
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
一瞬で見抜く性格・本性・心理
モテる男・モテる女の恋愛LINE・メルテク講座
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
できる男の磨き方と仕事の心得
血液型診断・占い(最新版)
大人のための血液型診断
愛されてモテる「可愛い女性」になろう



Copyright (C)2015. 男性心理・女性心理. All rights reserved.